胚芽米糀入りみそ

胚芽米糀入りみそ

胚芽米糀入りみそは、原料の米の約半分に、国産胚芽米(長野県産コシヒカリ)を使用しております。
糀(麹)の割合が多く甘みがあり、塩分が控えめでまろやかな塩味のため、味噌おにぎりや野菜スティックなど、お味噌をそのまま召し上がるレシピにも大変おすすめです。
厳選された国産大豆、国産米、国産塩を100%使用しております。

・原材料:米、大豆、食塩、酒精
・麹歩合:14割
・塩分:10.3%

胚芽米糀入りみそについて

  • 甘さ

    すっきり

    甘口

  • 塩味

    まろやか

    しっかり

  • 香り

    軽やか

    芳醇

  • 酸味

    おだやか

    強め

  • 旨味

    すっきり

    濃厚

  • 熟成期間

    短め

    長期熟成

味噌の味のバランスについての詳細は こちら をご覧ください

  • 胚芽米糀入りみそ

    700gカップ [粒みそ]

    価格:648(税込)

    数量
  • 胚芽米入りみそ

    500g袋 [粒みそ]

    価格:363(税込)

    数量

胚芽米糀入りみその特徴

胚芽米糀入りみそ
4つのポイント

  • 二段仕込み製法

    熟成途中の味噌に、胚芽米糀を追加し再熟成させる「二段仕込み製法(追い麹製法)」を採用しております。大変手間のかかる作業ですが、それによりお味噌の熟成がより促され、胚芽米麹の旨味と甘み、香り高くまろやかな風味を引き出すことが出来ます。

  • 健康を極める

    胚芽は米の芽となり根となる部分です。白米と比べて栄養価がとても高く、ビタミンB1は2.8倍、ビタミンEは10倍も含まれています。(五訂増補日本食品標準成分表より)ビタミンB1は疲労回復や集中力の向上、ビタミンEはコレステロールを減らし、血行を良くする作用があると言われています。

  • 減塩味噌

    塩分を控えめの10.3%(菜の花みそ・花こうじみそは共に12%前後)にしておりますので、塩分を気にされている方にもお勧めです。

  • 14割糀(麹)

    味噌造りは、「1糀(麹)、2炊き(大豆を煮る事)、3仕込み」と言われ、良質な糀が美味しい味噌造りの要となります。糀は味噌の発酵熟成に必要な各種酵素(アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ等)を豊富に含んでいます。「胚芽米糀入りみそ」は、大豆10割に対してお米(糀)を贅沢に14割使用(菜の花みそ・花こうじみそは共に7.5割)。糀の美味しさや魅力を存分に味わって頂けます。

  • 半煮半蒸製法

    ヤマニ味噌では、職人の経験と勘を頼りに「煮る」と「蒸す」の両工程を、絶妙のタイミングで行います。それにより、大豆の旨味を最大限に引き出しつつ、艶のある鮮やかな煮豆に仕上げます。

  • 種味噌仕込み

    新たに味噌を仕込む際、先に仕込んである「生きている味噌」を掘り出し、「発酵熟成の種」として加えて仕込みます。創業当時から受け継ぐ味は、今仕込んでいるお味噌にも、しっかり受け継がれています。

  • 木桶仕込み

    仕込み桶には、古い物で100年以上使用している、4トン仕込みの杉の大桶を使用しています。この木桶には、お味噌の味を造る、酵母菌が永い年月を経て沢山住み着いています。永い年月を積み重ねて使用してきた木桶だからこそ出せる味、呼吸する木桶だからこそ出せる味わいが存在します。

  • 天地返し

    熟成発酵を促進させるため、熟成途中で天地返し(別の木桶への味噌の移しかえ)を行います。酵母と乳酸菌を空気に触れさせ、発酵を促進させることにつながり、より香りとコクのある味噌に仕上がります。